宇宙の次元


超ひも理論では、宇宙は9次元+時間軸の10次元だそうで、私たちの存在する空間は3次元+時間軸なので、残りの6次元は余剰次元としてカラビ・ヤウ多様体というコンパクトな形に収められているのだそうです 😯

うーん、よくわかりません??

ただ、理論として多次元を考察することと、実際に4次元以上の空間を認識することでは大きな違いがあると思います。つまり、時間軸を1次元としてみなすことは良しとして、空間を4次元以上で認識することは、3次元に生きる私たちには不可能だからです。縦・横・高さ以外の別の方向って、絶対にわからないですからね(;^ω^)

理論物理学が宇宙の謎をどこまで解明できるのか期待はしておりますが、人類が物理的に多次元を観測できないのはなんだか残念な気がしますね 🙁

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です