ミソハギ


ミソハギ

写真はお盆前後に咲く『ミソハギ(禊萩)』です🌼花が『ハギ(萩)』に似ていて、切り花を禊(みそぎ)に用いられていたことから、この名前が付いたそうです(^o^)/ただ、『ハギ』はマメ科ですので、実際は花の形は似ておらず、色が似ているだけです(;^ω^)

近縁種の『エゾミソハギ(蝦夷禊萩)』は世界中に繁殖しているため、世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれております 🙁 日本では北海道に自生していることから、外来生物法に基づいた指定はないそうです 💡

『ミソハギ』というと同じミソハギ科の『サルスベリ(百日紅)』や『ザクロ(柘榴)』を思い出しますが、どちらも『ミソハギ』とは似ても似つかない花の形をしているので、植物の分類って本当に難しいですね 🙄

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です