ベニバナ


ベニバナ

久しぶりに植物をご紹介します(^o^)/

写真は、染料や植物油として有名な『ベニバナ(紅花)』です🌼染料は花から、油は種から取れます :-)しかし、花の色を見てもらうと分かるように、鮮やかな黄色で全く赤くないです。なのになぜ紅花なんでしょう??

それは、『ベニバナ』の花は水に溶けやすい黄色の色素と、水に溶けにくい紅色の色素が99:1の割合で混ざっていて、花を摘んで水にさらして乾燥させるという作業を繰り返すことで、紅色になるからだそうです 💡

そういえば、雨が降った後に、花が少し赤くなっているのを見たことがあります 🙄 あれは、黄色の色素が溶け出したからだったんですね 😉

あ、ちなみに、『ベニバナ』には鋭いトゲがありますので、花や種を取る際は注意してくださいね 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です