ハナツクバネウツギ


ハナツクバネウツギ

『ハナツクバネウツギ(花衝羽根空木)』は一般に『アベリア』という名前で親しまれている植物です🌳花色は白色が多いですが、ピンク色や赤色をしたものもあります🌼

和名の由来は、果実の形が羽根衝きの羽根にそっくりだからで、空木(うつぎ)は木の中心が空洞になっていることから名付けられました 🙂 また、『アベリア』は『ツクバネウツギ』よりも花付が良いことから『ハナツクバネウツギ』と呼ばれています(^o^)/

スイカズラ科で花の蜜を吸いに来る虫たちが多いので、蜂などには注意しましょう 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です