ナカフオリヅルラン


ナカフオリヅルラン

『オリヅルラン(折鶴蘭)』は観葉植物として定番の植物です 😉 葉っぱに斑が入るのですが、中央に斑が入るのが『ナカフオリヅルラン(中斑折鶴蘭)』、外側に斑が入るのが『ソトフオリヅルラン(外斑折鶴蘭)』と呼ばれています 💡 写真は『ナカフオリヅルラン』です 😛

ある程度大きくなると、写真のようにランナーを伸ばして花を咲かせます🌼そのランナーに子株が発生し、それを地面に植え付けてやると新しい株となります(^o^)/子株はとても可愛らしい姿で、その姿が折鶴に似ていることからこの名前が付いたといわれています🎶

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です