ハハコグサ


ハハコグサ

写真は春の代名詞である『ハハコグサ(母子草)』です🌼『御形(ごぎょう)』とも呼ばれ、『春の七草』の一つに数えられます(^o^)/名前の由来については様々な説があって、実際のところ良くわかっていません 💡

ところで、『ハハコグサ』は4月~6月にかけて花を咲かせますが、『七草がゆ』は人日の節句である1月7日に食べます🍴それは、冬の間に柔らかい若芽を食用にするからで、花が咲くほど大きくなってからでは食べられませんので、ご注意を 😉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です