エビネ


エビネ

写真はラン科の『エビネ(海老根)』です🌼名前は、地下の球茎が地表近くに連なる様子が海老に似ていることから『海老根』と名付けられたそうです 🙂

一時は採集や開拓によって数が激減し、現在もレッドリストの準絶滅危惧に指定されておりますが、近年は数が回復してきているようです 💡

栽培したとしてもエビネ(春咲き)はウイルス病に弱く枯れてしまうことも多いため、やっぱり自生地で観賞するのが一番ですね 😛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です