ヒュウガミズキ


ヒュウガミズキ

写真は『ヒュウガミズキ(日向水木)』といって、ミズキと名前は付くもののミズキ科ではなくマンサク科の植物です🌳花が垂れ下がっているように咲くのが特徴的です🌼別名『イヨミズキ(伊予水木)』ともいいます 🙂

刈り込みにも強いので庭木などにも人気がありますが、自生地は近畿地方の日本海側など限られた場所にしかないそうです 💡

名前の由来は、同属の『トサミズキ(土佐水木)』が土佐(高知県)が由来であることから、日向(宮崎県)または伊予(愛媛県)からとっているのではないか、丹波地方に多く自生することから、かつてその国を所領していた明智日向守光秀に由来した名前ではないか、など様々な憶測があるようですが、実際のところはよくわかっていないそうです 🙄

まぁ、個人的には”ミズキ”の由来の方が気になるのですが、こちらもよくわかっていないそうですね 😥

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です