ショウジョウバカマ


ショウジョウバカマ

『ヒトリシズカ』に続いて山野草つながりで、シュロソウ科の『ショウジョウバカマ(猩々袴)』をご紹介します🌼

名前の由来は、花が赤い(写真の花は薄紫ですが)ことを中国の伝説上の動物である猩々になぞらえたことと、葉っぱの重なりが袴に似ていることから名付けられたそうです 💡 ちなみに、『ショウジョウバエ』も目が赤いことからそう名付けられました(^o^)/

もともと花の色は赤いのですが、写真のように薄紫色のものや、他にもピンク色、白色など、場所などによって花色が変異します❕花の形も面白いですが、色が変わるのも面白いですね 😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です