リュウキンカ


リュウキンカ

『リュウキンカ(立金花)』は少し湿った場所などに生える在来種の植物です🌼最近はあまり見かけなくなりました 😥

茎が立ち上がりツヤのある黄金色の花を付けることから立金花と名付けられましたが、写真のように中には白花の立金花もあります 😀

若芽は山菜として食べられるとのことですが、トリカブトと同じキンポウゲ科で、基本的には毒があるので観賞するだけにしておいた方が無難でしょう 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です