オランダミミナグサ


オランダミミナグサ

『オランダミミナグサ(和蘭耳菜草)』はナデシコ科の外来種で、在来種の『ミミナグサ(耳菜草)』に取って代わって日本中に繁茂しています!というか、先日紹介した在来種のタンポポ以上に、ミミナグサは減っている感じがします 😥

名前の由来は、葉の形をネズミの耳に例えたのが通説で、菜と付くのは、食べられるからです(^^♪ただ、食べていないのでわかりませんが、在来種のミミナグサは毛が短く食べやすそうですが、オランダミミナグサは毛が長く、全体にびっしり生えているので、舌触りが良くなさそうですね 😕

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です