マンサク


マンサク

『マンサク(満作)』の語源は、早春に咲く花の中でもさらに早く咲くということから、『まず咲く』が『まんさく』となったという説や、花付きでその年の稲の豊凶を見たことから『満作』となったという説など様々で、どれが真実かはわかっていません 🙄

花の形が特徴的で、控えめな赤褐色のがく片から細長い黄色の花弁が4本出ていて、踊っているようにも見えて愛嬌があります 😀

写真のマンサクは落葉樹ですが、常緑の『トキワマンサク(常磐満作)』もあり、こちらは花色が黄緑色や紅色のものがあります 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です