カラスノエンドウ


カラスノエンドウ

写真は、あちこちでよく見かける『カラスノエンドウ(烏野豌豆)』です🌼正式名称は『ヤハズエンドウ(矢筈豌豆)』ですが、カラスノエンドウの方が馴染みがありますね(^o^)

『カラスノエンドウ』はマメ科で、莢を使ってピーピーと音を鳴らして遊んだりできることから、昔から『ピーピー豆』といって親しまれています 😀

また、『カラスノエンドウ』より小さいサイズの『スズメノエンドウ』という植物があり、さらに、その中間くらいの大きさの『カスマグサ』という植物もあります 😮

『カスマグサ』はカラスの『カ』とスズメの『ス』をとって、その間くらいの大きさということで、『かす間草』と名づけられたそうです 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です