ユーフォルビア・ティルカリ


ユーフォルビア・ティルカリ

ユーフォルビアとはトウダイグサ科の中で最も種類の多いトウダイグサ属の学名で、ポインセチアも同じ属です🎶

トウダイグサ属の中にはサボテンの様に多肉になる種類も多く、写真のティルカリも茎が多肉となります 😀 小さな葉っぱもつくのですが、すぐに落ちてしまうので、茎だけが伸びたような面白い形になります 😆

大きくなると緑のサンゴのようになるので、『ミドリサンゴ』や『アオサンゴ』ともいいます 😉

また、茎を折ると白い乳液が出るので、別名『ミルクブッシュ』という名前でも売られています。ただ、乳液は皮膚につくとかぶれたりするので、剪定するときなどは注意が必要です 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です