ハツユキカズラ


ハツユキカズラ

キョウチクトウ科の『ハツユキカズラ』は、『テイカカズラ』に斑が入った品種で、つる性の常緑低木です🌳

『テイカカズラ』は能の『定家』を由来とした名前で、『ハツユキカズラ』は薄いピンクと白の斑が新芽に出て、初雪をかぶったように見えることから『初雪葛』と名づけられたそうです❅

春に伸びるピンクから白の新芽が、夏に向かって徐々に緑に変わり、秋~冬には紅葉するため、四季折々の楽しみがあります(^o^)

日当たりが良いほど色の変化がきれいに出ますよ 😆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です