キンチャクソウ


キンチャクソウ

冬に咲く花のひとつに『キンチャクソウ(巾着草)』があります🌼

花の色は黄色か、写真の様に黄色と赤色が混じったものが主流です(^o^)/

名前の由来は、花が袋状になっているからで、触るとフワフワしてともてかわいらしいです(*´▽`*)

園芸店では学名の『カルセオラリア』として売られていることもあります。

『カルセオラリア』とは、ラテン語で小さな靴(スリッパ)を意味する「カルセオルス」という言葉に由来するそうです👟

名づけの発想はどちらも似ていますが、日本の名付け方の方が個人的には好きです♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です