キンモクセイ


キンモクセイ

この時期は外を歩いていると、ところどころで『キンモクセイ(金木犀)』の良い香りがします 😀

『モクセイ(木犀)』の白い花に対してオレンジの花をつけることから、白い花のモクセイを『ギンモクセイ(銀木犀)』、オレンジの花のモクセイを『キンモクセイ(金木犀)』と呼ぶようになりました♬

モクセイよりもキンモクセイの方が花つきが良く香りも強いことから、庭木などにはキンモクセイの方がよく選ばれています 😛

ちなみに、『木犀』は樹皮がサイの皮膚に似ていることから名付けられたということですが、伝来元の中国では『木犀』のことを『丹桂』や『桂花(銀桂)』と呼んでいることから、昔の日本人はどこでサイを見たのでしょうね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です