マテバシイ


マテバシイ

秋になって、今年もドングリが見られる時期がきました(^o^)/写真は、ドングリの中でも数少ない食べられるドングリの一つ、『マテバシイ(馬刀葉椎)』です :lol:名前の由来は、葉っぱの形がマテガイ(馬刀貝)に似ているとか、待っていればシイの実になるから『待てば椎』とか、諸説あります(‘ω’)ノ

普通ドングリはアクが強くて生はもちろん、炒っても食べられませんが、いわゆるシイの実と呼ばれるブナ科シイ属の『スダジイ』、『ツブラジイ』、マテバシイ属の『マテバシイ』、『シリブカガシ』は、アクが少なく、生でも炒っても食べられるドングリです🍴

生で食べても噛むと甘みが出ておいしいのですが、やはり軽く炒った方がよりおいしくなります( ^ω^ )個人的には、マテバシイやシリブカガシは少し粉っぽいので、スダジイやツブラジイの方が好きです。ただ、サイズが小さいので食べにくいですが・・・(;´・ω・)

ご興味がある方は、ぜひご賞味あれ♪(アクの強いドングリと間違えないように!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です