ヨウシュヤマゴボウ


ヨウシュヤマゴボウ

ヤマゴボウ科のヨウシュヤマゴボウは、子供のころに絵を描いて遊んだことがある方も多いと思います✑アメリカでも『インクベリー』といって染料として用いられてきました 🙂

また、ワインの着色料としても使われていた時代があったみたいですが、全体に毒があるため今では使われていないとのことです🍷

ワインに使われていたから、洋酒山牛蒡?と思ったのですが、実際は『洋種山牛蒡』で、海外から来たヤマゴボウに似た植物という意味です(‘ω’)ノ

ちなみに、名前のとおりキク科の『ゴボウ(牛蒡)』や『モリアザミ(森薊、別名:ヤマゴボウ、※ヤマゴボウ科のヤマゴボウとは別)』に似た根っこがありますが、上述したように毒ですので絶対食べないようにしましょう 💡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です