コブシ


コブシ

写真は、モクレン科の『コブシ(辛夷)』の実です 😀

早春の美しく大きな白い花とは対照に、秋にはごつごつした実をたくさんぶら下げます。この実が握りこぶしに似ていることから、『コブシ』よ呼ばれるようになりました(^o^)/

また、漢字の『辛夷(しんい)』は中国語でモクレンを指し、かつて日本にはモクレンがなかったため、モクレンに似たコブシを辛夷と書くようになったそうです(^ ^)b

ちなみに、演歌などで良く耳にする『こぶし』は『小節』のことで、辛夷や拳とはまた別物です♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です