センニンソウ


センニンソウ

河原の土手にセンニンソウが生えていました🌼

漢字では『仙人草』と書きますが、これは実の先から白くて長いふわふわとした毛が生えるため、仙人のひげに見立てて名付けられたそうです 💡

蔓性で他の草に巻き付きながら広がっているので、どれがセンニンソウの葉なのかわかりにくいですが、ハート形の葉がそうです🍃

学名に『クレマチス』とつきますが、まさしく園芸店でよく見かける『クレマチス』と同種です♪

ただ、これらキンポウゲ科の植物には有毒物質のアルカロイドを含むものが多いですので、触るときは気を付けましょう☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です