キバナコスモス


キバナコスモス

最近このキバナコスモス(黄花コスモス)を道路沿いで良く見かけるようになりました。キバナコスモスの鮮やかな黄色はとても目立つので、事故防止にも効果があるのかもしれませんね(^o^)

ちなみに、コスモスといえば細い葉で赤やピンクの花を思い起こしますが、実は、一般的にコスモスはキク科コスモス属のオオハルシャギク(大春車菊、大波斯菊)のことを言い、このキバナコスモスはと同属別種です。なので交配もできません(゚д゚)

ところで、秋に咲くのに春車菊・・・というのは何かしっくりきません 🙄

想像ですが、原産国のメキシコからヨーロッパや中東を経由して日本に渡来したため、(波斯)ペルシア方面から伝わった『波斯菊(キク科ハルシャギク属)』に似た大型の花として、『大(オオ)波斯(ペルシア)菊(ギク)』と名付けられ、それがハルシャギクと同様に訛ってオオハルシャギクとなり、ハルシャに春と車が当てられたのではないでしょうか?

想像ですので、もし由来を知っている方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてくださいませm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です