ハクチョウゲ


ハクチョウゲ

ハクチョウゲはアカネ科の低木で、花の形が丁の字に似ており、花が白いことから『白丁花』というようになったそうです。紫色のものもあり、それは紫丁花(シチョウゲ)といいます。

また、写真のように八重咲きのハクチョウゲもあるので、『白鳥花』と書いた方がきれいな感じがします 🙂

刈り込みや日陰げにも強いですが、寿命が10年ほどと短いので、挿し木で増やしながら育てるのが良いみたいです🌼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です